乳児脂漏性湿疹とは?耳、頭皮、顔に出来たときの保湿やケア方法

乳児脂漏性湿疹とは?耳、頭皮、顔に出来たときの保湿やケア方法

 

生後しばらくして、
赤ちゃんの肌に、
湿疹ができていたり、
黄色いかさぶた状のもの
はありませんか?

 

それは乳児脂漏性湿疹かもしれません。

 

湿疹は治るの?
保湿やケアはどうしたらいい?
何か対策はある?

 

ということについて紹介します。

乳児脂漏性湿疹とは

 

耳の周辺や頭、顔などに
黄色いかさぶたや、赤い湿疹
としてあらわれます。
体にはできず、首より上の部分に
出るのが特徴だそうです。

 

月齢の低い赤ちゃんは、
母親の体内ホルモンの影響により、
皮脂の分泌が盛んになります。
また、赤ちゃんは毛穴が未発達なので、
皮脂が詰まり湿疹が
できやすくなるそうです。

 

月齢が進むにつれ、
皮脂の分泌が落ち着き、
湿疹もだんだんと落ち着いてきます。

 

 

乳児脂漏性湿疹ができた場合、どんなケアが必要?

 

湿疹ができたところを
清潔にするのがいいそうです。
皮脂をためないように、
お風呂できれいに洗ってあげます。

 

赤ちゃん用の石鹸を使って、
優しく洗ってあげてください。
ゴシゴシこすりたくなりますが、
赤ちゃんの肌はデリケートなので、
泡で優しく洗うのが一番だそうです。

 

頭皮は、入浴の前に、
ベビーオイルやオリーブオイルを
付けておくと、かさぶたが
取れやすくなるそうです。
かさぶたは無理にとらないように
気を付けてくださいね。

 

タオルで拭くときも、
優しく押し当てるように
拭いてあげてくださいね。

 

私は、沐浴の頃は、
「スキナベーブ」という
沐浴剤を使用していました。

 

最初の頃はお湯につけるだけでも大変で
石鹸で洗うのも難しく、困っていました。
「スキナベーブ」を溶かした
お湯で赤ちゃんの体を洗うことができるので、
慣れない沐浴も簡単になり、赤ちゃんも
清潔にできるので、とても便利でした。
また、湿疹を防ぐ効果もあるようです。

 

沐浴も慣れて、実際に一緒に
お風呂に入るようになってからは、
泡で出るタイプの赤ちゃん用
ボディーソープを使用していました。
赤ちゃんを抱いていると、
泡立てるのが難しく、泡のタイプだと
すぐに洗えるので便利でした。

 

 

保湿方法は?

 

皮脂の汚れを取り、きれいにした後は、
保湿が必要です。
皮脂が取れると、赤ちゃんの
肌は乾燥します。

 

乾燥すると、
ベビーオイルや、ベビーローション、
ベビークリームと言った
赤ちゃん専用の保湿剤を使いましょう。

 

初めて使うときは、少量塗って、
かぶれたり、赤くなったりしないか、
チェックするといいですよ。

 

私は季節によって、
保湿剤を使い分けていました。
冬は空気も乾燥し、しっかり
保湿をしたかったので、
ベビークリームを使用していました。

 

クリームもしっとりするタイプや
さらっとするタイプと種類があるので、
自分が使いやすいクリームを探してくださいね。

 

夏はクリームタイプではなく、
ベビーローションを使用していました。
さらっとしてさっぱりとしていたので、
汗をかく時期は何度も塗れたのが良かったです。
また、外出した時も、
ローションタイプだとスッと
肌になじむので塗りやすかったです。

 

 

湿疹を防ぐ対策は?

 

湿疹を防ぐためにできる
対策はあるのでしょうか?

 

 

・シーツや枕も清潔に
赤ちゃんの肌が直接当たるので、
シーツや枕のカバーは
毎日替えてあげるといいですよ。
毎日替えられない場合は、
シーツや枕の上にタオルを敷いて、
タオルを毎日交換すれば大丈夫です。

 

 

・爪は短く切る
赤ちゃんが、湿疹のできている
箇所をひっかかないように、
爪は短く切ってあげましょう。
ひっかいた所に細菌が入ると、
湿疹が悪化することもあるそうです。
爪を短く切って、気になるようなら、
ミトンをするのもいいと思いますよ。

 

赤ちゃんの爪は動いたりするので、
なかなかスムーズに切れませんよね。
赤ちゃんがおとなしくしている時や、
家族に協力してもらったりして
爪を切ってあげてくださいね。、
一度に切れなかったときは、
何回かわけて爪を切っていました。

 

また、お母さんの爪も長いと、
赤ちゃんをひっかいてしまう危険があるので、
お母さんの爪も短くしておくのをおすすめします。

 

 

・汗やミルクの汚れはこまめにふき取る。
汗やミルクの汚れも、
ふき取ってあげることで
肌を清潔に保てます。

 

 

 

こまめなケアと保湿を

 

赤ちゃんに湿疹ができると、
かわいそうで早く
改善してあげたいですよね。

 

湿疹は皮脂の分泌が落ち着いてくると、
治ってきます。
湿疹ができた時は、こまめなケアと
保湿をしてあげてくださいね。

 

それでもよくならなかったり、
悪化した場合は、かかりつけの
病院で診てもらうのがいいですよ。

sponsored link

sponsored link


sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ママにおすすめ無料アプリ

おすすめのコンテンツ


あなたにオススメの記事

子供はよく「痛い」と言ってきて、訴えてきますね。ケガをしていたり、お腹が痛い、頭が痛い、いろいろありますが、舌が痛いと言...

子供が急に、目をパチパチするようになると、とても心配ですね。あまりにも、不自然な瞬きを見ていると、眼病かもしれないと、不...

赤ちゃんが産まれて予防接種を受ける回数が何回かありますよね。定期接種のものから任意接種のものまで。風疹の予防接種ってどう...

赤ちゃんの予防接種って、種類がたくさんありますよね。接種することで予防できる病気もたくさんあります。麻疹もその一つです。...

子どもがかかりやすい病気の一つです。中には、予防接種を受けた方がいいのか、迷っているママも多いかと思います。今回は、「ロ...

赤ちゃんを育てているお父さんやお母さんであれば、近年、アレルギーを持つ子どもが増えてきている、ということを一度は耳にした...

冬場になると子供の間で必ずと言っていいほど流行する、ロタウイルス・・・。月齢の低い赤ちゃんから小学校に上がる前位の幼児の...

具合が悪いわけではないのに、赤ちゃんの機嫌が悪く、いつもは食べる離乳食をあまり食べない、なんていう時には、口の中に口内炎...

子供は大人よりも体調を崩しやすく心配が絶えないですよね。中でも急な嘔吐や下痢は対処や処理も大変で感染力も強いので親も注意...

生後しばらくして、赤ちゃんの肌に、湿疹ができていたり、黄色いかさぶた状のものはありませんか?それは乳児脂漏性湿疹かもしれ...

皆さん、「腸重積」という病気をご存知ですか。腸重積というのは、赤ちゃんから大人まで年齢に関係なく発症する腸の病気です。腸...

目の前で、子供が突然けいれんを起こしたら皆さんはどうしますか。対処法がわからず、時間だけが過ぎて行き、パニック状態に陥り...

私の息子は出産後に医師から新生児一過性多呼吸だと診断されました。新生児一過性多呼吸になってしまった原因は出産予定日よりも...

田中ビネー式知能検査とは、主にお子様の発育段階を調べるものです。運動性・言語・社会性の3つの領域から、さらに細かく分析し...

子供が熱を出しているとき、少しでも下げて楽にしてあげたいというのが親の願いだと思います。一日でも早く治してあげたいですよ...

ヘルパンギーナという感染病をご存知でしょうか。夏に流行る夏風邪の一種で、口内炎のような水疱が口の中、喉の奥中にたくさんで...

子供が病気の時は親も心配です。特に、熱が高く、苦しそうにしているのは見ている方も辛くなってきますね。子供は体温の調節機能...

風邪をひいたときの解熱剤や、便秘の時の下剤など、小児科で座薬をもらうことは3歳くらいまでは多いかと思います。3歳くらいま...

ヘルペス性歯肉口内炎という病気を聞いた事がありますか?実は子供にとても多い感染する病気の1つなのです。ヘルペス性歯肉口内...

手足口病という言葉を耳にしたことはありますか?夏が近づくと子供がかかってしまわないか心配になるかと思います。私は去年息子...

チック症という病気を知っていますか?チック症とは、癖(チック)が慢性化したときに診断される病気です。3歳ころの幼児期から...

脳の成長が見られず、異常に小さい状態のことを言います。脳が形成される早い段階で頭蓋骨が癒着をしてしまいそれ以上に成長がで...

子供でいびきをかく子は少なく、特に一晩中気になるいびきをかいているのなら何らかの病気である可能性が高いため、病院へ行く必...

高血糖の状態が生後一か月以内に起こり2週間以上続く状態のためインスリン投与が必要となる状態を新生児糖尿病と言います。40...

健康な体の人は、口から肛門まで一本の長いトンネルのように臓器が並んでいますが、何らかの原因で肛門に近い部分の腸管に腸が入...

胃の出口の筋肉が分厚くなることにより幅が狭まり、十二指腸にうまく運ばれず噴水状に吐いてしまう病気です。どんどん吐いてしま...

サーモンパッチとは、毛細血管が一気に広がることにより見える淡いあざの事をいいます。新生児の約3割にみられ、生後すぐあたり...

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)とは鼓膜より奥にある中耳部分に滲出液が溜まる中耳炎の事です。発熱や痛みなどをほ...

仮性メレナは、生後10日以降に起きやすいもので、お産の時の出血や母乳に混じった血がうんちに出てくる状態で、治療は特になく...

子供が「耳がなんか変!」と訴えて病院に連れていくと、「お耳に水がたまっていますね」と言われることがあります。これが滲出性...

川崎病(急性期)とは?血管に炎症の起こる病気で急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群と呼ばれる病気です。川崎病(不全型)とは?●...

有害物質が体に入り、発症する紅斑です。発症率はかなりの確率(50%)で起こります。生後1〜3日内にみられる紅斑です。大き...

疳の虫とは 乳児期の異常行動を指します。主に、夜泣き・癇癪・ひきつけなどが代表的です。疳の虫の子の特徴は、青白い 青筋が...

授業後や長い休みの時に、障害のある6歳から18歳までの子供が通う施設のことです。目的として、地域交流や自立した日常生活を...

子供が風邪をひいたときどんな症状が一番気になりますか。発熱はぐったりする子も多く心配ですね。鼻水や咳はどうですか少しなら...

子どもは一人一人個性があって活発な子、おしゃべりな子、怒りっぽい子泣き虫な子、おとなしい子、マイペースな子…いろんな子ど...

突発性発疹で子供が不機嫌だと心配でかわいそうですよね。特に乳児期や初めての発熱はどうしていいか分からず慌ててしまいます。...

子供は宝です。子供に恵まれるのは幸せなことです。しかし子育ては楽しいだけではありませんよね。1人でも大変な育児3人以上の...

チック症とは、自分の意思にかかわらず瞬きしたり、声をだしてしまったりする、神経系疾患になります。一見癖のようにも見えるた...

新生児は、通常無菌状態で生まれてきますが、腸内細菌も無菌状態と言えます。新生児壊死性腸炎とは生後30日以内(特に早産で生...

「落ち着きがなく授業中立ち歩いている」「ころころと遊びが変わり集中力がないように見える」「向かい合って話していても目が合...

新生児髄膜炎とはどういう病気が知っていますか?感染力が強いため、赤ちゃんにかかりやすいとされています。初期症状が風邪と間...

夜泣きにしては何だかおかしい、赤ちゃんの頃の夜泣きよりも激しく泣いていてどうすれば良いかわからない、と悩んでいるママが多...

生後6ヵ月頃から発症する中耳炎。子供のうちは中耳炎によく掛かりますよね。特に2歳頃までの子供に多く発症する病気の一つです...

急性虫垂炎という病気を聞いた事がありますか?これはいわゆる「盲腸」と呼ばれる病気です。実は子供にも多く発症される病気とさ...

私自身、子供が居て、突然耳が痛いと言われたことがあります。ですが、時間が経つといつも通りに遊び始めたので何だったんだろう...

小児ストロフルスという病気を知っていますか?生後すぐの頃から約2歳までの子供が掛かりやすい病気の一つです。小児ストロフル...

舌癒着症という病気を聞いた事がありますか?あまり聞きなれない病気ですよね。正式な病名は「先天性舌癒着症・喉頭蓋・喉頭偏位...