1歳の赤ちゃんにハムやウインナーは大丈夫?与える時の注意点

1歳の赤ちゃんにハムやウインナーは大丈夫?与える時の注意点

 

我が子が成長していくにつれて、
ミルクから離乳食、
そして幼児食へと移行していき、
だんだんと楽になってきますが、
その一方で、
『これは与えて平気なのかしら?』
といった食材なども出てくると思います。

 

そんな今回は、
1歳の赤ちゃんにハムや
ウインナーは与えていいのか?

 

そして、ハムやウインナーを与える時の
注意点等をお伝えしていきたいと思います。

赤ちゃんの味覚は敏感

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、
ママのおっぱいや市販のミルクを
一生懸命飲んで成長しますが、
大人から言わせてもらえば、
そのような味はとても美味しいとは
思えないのが正直な所です。

 

実際に私は気になって
ミルクの味見をした事がありますが、
お世辞にも美味しいとは言えない味でした。

 

 

しかし、味覚は年齢と共に
鈍感になってくるという事実があり、
味蕾といって味を司る感覚機能が
年々低下していくという事が理由の一つです。

 

ですから、一番味蕾の機能が正常なのは
実は赤ちゃんの時期なのです。

 

なのでミルクの味を美味しそうに飲む
赤ちゃんの味覚が、
本来私たちが持っていた正しい味覚であり、
それを美味しくないと感じる事が、
既に味覚が鈍感になってきているという
風にも考えられるのです。

 

なので、赤ちゃんの頃の正常な味覚を
保つ為には【薄味】を心掛けたり、
【脂っこいお料理などの食べ過ぎ】
には気を付けなければなりません。

 

 

1歳の赤ちゃんにハムやウインナーは与えていい?

 

1歳頃になると、
食べさせても大丈夫な食べ物も
グンと増えますし、何より、
赤ちゃんが食べ物を噛む事や、
味に慣れてくる時期なので、
色々な物を食べるようになってきます。

 

そんな中で疑問に思うのが、
『子供達の大好きなハムやウインナー
は与えていいのだろうか?』
と、思ったりもする方も
いらっしゃると思いますが、

 

結論から言えば、
少しづつなら与えても良いと思います。

 

ただ塩分的には1歳児には
濃い食品だと感じますので、
子供用のウインナーを使ったり、
減塩タイプハムなどを選んだりしてみて、
【塩分の摂り過ぎ】に気を付ける事が大事です。

 

 

与える時は、最初は細かく切ってあげて、
ご飯に混ぜてあげたり、
スープやグラタンなどに使ってあげても
良いと思います。

 

最初から美味しそうに食べる子もいれば、
意外とあまり食べなかったという子も
いますので、その子のペースでお料理に
使って頂ければ良いと思います。

 

ただ、ママもハムやウインナーなどは
準備するのも簡単な面もあるので、、

 

『気付けばほとんど毎日使っている!』

 

といった事もあるかもしれませんが、
そこはうまくバランスをみながら、
頻繁に与えすぎていないか、
気を付けてあげる所でもあります。

 

 

加工食品添加物の摂り過ぎは注意

 

簡単に食べられて便利な
ハムやウインナーなどの加工食品ですが、
それなりに添加物が入っているのも事実です。

 

食品添加物は、
賞味期限を長くする為だったり、
味や色を保つ為だったりと、
ちゃんと理由があって入っているものですが、

 

本来人間の身体には必要のない物なので、
添加物の摂取のし過ぎによる
【発がん性】の問題や、
【アトピーやアレルギー】の原因にも
なっているという情報もあります。

 

又、更には喘息などの引き金にもなる事もあるようで、
食べさせ過ぎには十分注意が必要です。

 

 

だからといって、
一生そのような食べ物を排除して生き続ける事は、
なかなか難しい事でもありますので、
上手に付き合っていく事が大事です。

 

やはり一番安全なのは、
ママの手作りのお料理という事が前提で、
そこで、たまにハムやウインナーなどの
おかずも入れてあげて、食事をより
楽しめるような状態にしてあげるといった
【相乗効果が生まれるような食事】
が、理想的だと思います。

 

 

ハムやウインナーと上手に付き合おう

 

食事作りというのは毎日の事ですから、
お仕事復帰されたママや、
お子さんが沢山いらっしゃるママは
本当に大変ですよね。

 

なので、たまにはすぐに使えて美味しく頂ける、
ハムやウインナーを使って、
上手に食べさせられる事が望ましいです。

 

メリハリのある食事内容で、
幼児の栄養価も偏る事も無く
元気に過ごせると思いますので、
ぜひ楽しんで、お子さんと食事をして下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

sponsored link

sponsored link


sponsored link

おすすめのコンテンツ