授乳中、辛いものは大丈夫?トラブルを招いてしまう食べ物とは?

授乳中、辛いものは大丈夫?トラブルを招いてしまう食べ物とは?

 

授乳中の時期のママは、
母乳量を増やしたり、
おっぱいの栄養や、味の質を高める為に
食事管理を徹底しなければ
いけない事もあります。

 

しかし、どうしても自分の好きな物を
食べたい日だってありますよね?

 

特に辛い物って、無性に食べたくなる時が
あるのですが・・。
といった意見も意外と多いのでは?

 

そんな今回は
【授乳中に辛い物が食べたくなったら、
食べても良いのか?】

 

といった内容をお話ししていきたいと思います。

おっぱいの出が良くなる食べ物とは?

 

市販のミルクとは違って、
ママの血液や栄養などから作られる母乳は
ママが違えばみんな違います。

 

おっぱいの味を決めるのは、
日頃食べている食べ物の物によって
大きく変わってきますから、

 

和食メインなママの母乳は、
比較的に低カロリーな上に、
味もあっさりとしていますし、

 

洋食メインなママの母乳は、
脂っぽさがあり、高カロリーよりになる
という事もあるのです。

 

どちらが良い母乳かと言われれば、
それは難しい質問ですが、
基本的に赤ちゃんが好んで飲んでくれる
味は【和食よりの優しい味の母乳】です。

 

又、赤ちゃんが日々飲み慣れている
母乳の味と違った日には、
飲み具合が悪かったり、
おっぱいからすぐに口を
離してしまう事もあります。

 

そんな母乳ですが、
母乳の量や質を高めたいのであれば、
【炭水化物をしっかりと頂く事】と、
【温かい汁物】や【水分】を
しっかりと飲む事です。

 

特に白米は母乳量を増やしてくれる
大きな味方ですので、
授乳期間はセーブせずに
ご飯を沢山摂る事をお勧めします。

 

又、朝と、昼、夜の食事時間を
キチンと決める事で、
母乳が作られる時間帯などの
母乳サイクルが決まってくるので、
とても良い事だと思います。

 

後は血行を良くして
母乳の出を良くするという意味では、
温かい飲み物や、温野菜、冬物野菜などを
積極的に頂く事がお勧めです。

 

 

授乳中の辛い物は食べても良い?

 

甘党のママもいれば、
辛党のママもいます。

 

そんな辛党ママからすれば、
『辛い物こそ美味しい!』
『辛い物で胃を刺激して食欲をあげたい!』
などと様々な考え方の方が
いらっしゃるかと思います。

 

そんな時に心配なのが、
【辛い物を食べて、母乳の味が変化しないのか?】
という事です。

 

ママは美味しく感じても、
『赤ちゃんにとったら辛い物なん
て絶対にダメな味だよね?』と、
分かっていながらも
やめられないものでもあります。

 

しかし赤ちゃんが直接辛い物を
食べる訳では無いので、
多少食べたぐらいでは、
母乳への影響はありません。

 

ですので、キムチやカレーなどの
辛い物を食べて、ママの気分が上がるならば
摂って頂いて問題ありませんが、
中には敏感な赤ちゃんもいます。

 

ママが辛い物を食べた日は
決まってあまり母乳の飲みが悪かったり、
嫌がっていたりする子もいますので、
その場合は控えて頂いた方が好ましいです。

 

 

おっぱいトラブルを招いてしまう食べ物とは?

 

おっぱいが詰まってしまったり、
味が悪くなってしまう事が考えられる
食べ物もあるのですが、

 

生クリームがたっぷりついたケーキや、
洋菓子、カレーやピザ、ラーメンなどの
脂もの、そして、チーズやヨーグルト
などの乳製品なども詰まってしまう
原因になります。

 

どれも普段当たり前に食べていて
どれも美味しいものばかりなので、
これが食べられないとなると、
ママとしてはストレスも
溜まってしまいますよね?

 

ただあくまでも【詰まりやすい】のであって、
これらを普通に食べても
『全然平気だったよ!』
という方も中にはいらっしゃいます。

 

なので、食べる時は一度に沢山食べないで
少し食べてみて、
自分の胸の張りや違和感などを
確認しながら頂く事を、お勧めします。

 

後はお正月に頂く機会の多い
【お餅】に関しても、
おっぱいトラブルになる食べ物なので、
食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

どんな食べ物でもほどほどに

 

『母乳にはこれが良い』『あれが悪い』
などと様々な意見や噂はありますが、
必ずといってそれが自分の身体に
当てはまるとは限りません。

 

良い母乳を作るには
『好き嫌いなく何でも食べる!』

 

という事もとても重要ですし、
それが健康的な赤ちゃんの身体の源にも
なりますし、よい免疫力ともなります。

 

なので、一定の食材に偏らないで、
しっかりと色々な食材から
栄養を摂取する事と、
偏った味覚にならないように、

 

『この料理は少し濃いめにしよう』
『こっちの料理は薄味にしよう』
など、料理によって味の濃さを変える事で、
お料理にメリハリがついて
より一層美味しく食事を味わう事が出来ます。

 

そして、授乳中の辛い物や、カフェイン等も
ママの気分転換の為に摂取する事は、
良い事だとも思いますので、
食べたい欲を必要以上に制限する事も
無いのでは?と感じます。

 

中には敏感なママのおっぱいもあり、
少しの刺激で味が変化してしまったり、
おっぱいが詰まってしまったりと、
切ない思いをするママもいると思いますので、
そのような方は、一般的なママよりも、
少しだけ注意しておく必要があります。

 

 

授乳期間も過ぎればあっという間

 

妊娠、出産、育児期間というものは、
その時期は辛くて大変な事が沢山あります。

 

自分の思い道りにいかない事の方が多く
ママもめげてしまいそうになりますが、
その期間を過ぎれば懐かしく
その頃に戻りたいとさえ感じる事もあります。

 

又、辛い物やカフェインなども
今は思い道りに頂けなくて
イライラする日もあるかもしれませんが、
普通に頂ける時期も必ず訪れますから、
ストレスにならない程度の気分転換として
頂きましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

sponsored link

sponsored link


sponsored link

おすすめのコンテンツ